カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

空海一筆佛拓本掛け軸

804年に遣唐使の留学僧の一人として入唐した空海は、 青龍寺で恵果和尚に弟子入りし、密教の教義を学んだ。 帰国後、高野山に金剛峯寺を建立し、真言宗を開いた。 その青龍寺は、四国四県からの寄贈による1000本の桜の木で春には満開となります。その青龍寺で売られている空海の拓本です。 サイズ  縦約126cmX横約56cm

空海一筆佛拓本掛け軸

価格:

50,926円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

表装は日本製の豪華なものです。 宗派に拘らず、法事などの際に飾ると、とてもすばらしい空気になります。 この商品の売り上げの大半は、青龍寺へのお布施とさせていただきます。

ページトップへ